血液をサラサラにする食べ物とは?

食生活の改善が大切になりますね

血液をサラサラにするには、もちろん食生活を改善することが重要となります。

今まで味の濃いもの、揚げ物、ファーストフードなどが大好きでたくさん食べてきた方は最初は食べたい誘惑に駆られるかもしれませんが、少しずつ回数を減らして、魚中心の食生活にするなどしていきましょう。

外食の時にも魚定食にするとか、野菜が多いセットにするなどすると良いでしょう。
出張が多い方は、朝食は納豆付きとかですね。

少しずつで良いので、食生活を改善して行くことが大切ですね。
定期的に検査を受けてください、と医師から言われている方もいるかもしれません。
薬を出されている方もいるかもしれませんね。
医師にかかっている方は、サプリの利用も相談することが大切です。

薬と飲み合わせ、食べ合わせが悪いものもありますので、注意してくださいね。

血液をサラサラにする成分としては、DHA、EPA、クエン酸、オレイン酸、ナットウキナーゼ、食物繊維、ポリフェノールなどが効果があります。

これら成分が多く含まれる食材をまとめてみましたので、食生活の改善に役立てて頂ければと思います。

DHA、EPAなどを多く含む食材

・DHA
青魚(アジ、鯖、イワシ、サンマ、マグロ)
ウナギ、鮭、筋子、ハマチ

・EPA
青魚(アジ、鯖、イワシ、サンマ、マグロ

・クエン酸
梅干し、レモン、お酢、みかん、グレープフルーツ、桃、キウイなど

・オレイン酸
オリーブオイル・べに花油・こめ油・なたね油、マカダミアナッツ、アーモンド、アボカドなど

・ナットウキナーゼ
納豆

・食物繊維
ゴボウ、キクラゲ、干しひじき、切り干し大根、アーモンド、おから、こんにゃく、らっきょう、かんぴょう
(食物繊維には、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維と分かれます、上記はまぜて掲載)

・ポリフェノール
春菊、れんこん、ししとう、たまねぎ、バナナ、マンゴー、プルーン、赤ワイン、納豆、日本茶、黒米、玄米、そば、黒ごま など

これらの他にもまだまだ沢山、それぞれの成分を含む食材があります。

手軽に毎日の食事、間食などで摂取しやすいもの、なかなか摂るのが難しいものとあると思います。

出来る範囲で食事として食べるようにしたり、不足しがちな部分に関しては、サプリで補うなどすると、血液さらさら生活に向けて良いと思います。

トップページへ