EPAとはどんな成分?

EPAについて

人間の健康に欠かす事の出来ない成分のひとつにEPAという成分があります。

近年ではEPAのサプリも多く販売されており、健康に気を使っている多くの方がEPAのサプリを利用しているといいます。

当ページではEPAとはどんな成分なのか、EPAにはどのような効果・効能があるのかという事をご紹介しています。

EPAとはどんな成分なのでしょうか。

EPAの正式名称はエイコサペンタエン酸といい、脂肪酸の不飽和脂肪酸になります。

不飽和脂肪酸は身体に様々な良い効果をもたらしてくれる成分になります。

EPAは主にサバやイワシなどの青魚などに多く含まれている成分になり、血液をサラサラにする効果があります。

EPAは血液をサラサラにしてくれる効果がありますので動脈硬化の改善や中性脂肪の数値を下げてくれる事も期待できます。

よくDHAと一緒にされる成分ですが、DHAとEPAの働きは異なります。

確かにDHAとEPAは共に脂肪酸の不飽和脂肪酸になります。

効果・効能も血液をサラサラする事になりますが、DHAは脳へ入り込むことができますがEPAは脳に入る事はできません

ここがDHAとEPAの大きな違いになります。

EPAの効果がある場所

脳に効果があるのがDHAになります。

一方、EPAは血小板に効果があると言われています。

ですので、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化といった血液がドロドロになった際に発症する病気を予防する事ができます。

DHAにもこれらの病気を予防する効果はありますが、EPAの方が高い効果が期待できるといいます。

他にもEPAには血液中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす効果もあり、上記でご紹介した病気以外にも高血圧や生活習慣病などの病気の予防にもなります。

EPAには上記でご紹介してきたような効果が期待できるので、食生活が気になる方や体の健康を維持したいという方が多く、EPAのサプリメントを利用していると聞きます。

なぜ、サプリメントでEPAを摂取しているのかと言うと、EPAは食事からではごくわずかしか摂取できないからです。

その上、現在の食生活はお肉がメインになる事が多く魚を食べる機会が少ないという方がほとんどのようです。

このように食事からEPAを摂取するのは難しいと言われているので、サプリを利用してEPAを摂取している方が多くなっているのです。

サプリメントですとEPAをしっかり摂取する事ができ、また手軽にEPAを摂取する事ができるようになります。

現在の食生活がお肉メインになっている方や、魚を食べる事が少ない方には、ぜひEPAのサプリを利用して身体の健康をサポートしてもらいたいと思います。

こちら DHA・EPA500mg 高配合!おすすめDHAサプリはこちら

トップページへ