EPAの効果・効能

EPAが持つ効果

DHAサプリに含まれている成分はDHAだけではなく、EPAと言う成分も含まれています。

このEPAはDHAとよく似た成分になり、DHAと同じ脂肪酸の不飽和脂肪酸になります。

体内で生成されない成分になるので食事やサプリメントを利用して摂取する事になります。

EPAが多く含まれている食べ物は青魚になり、DHAと同じで血液をサラサラにしてくれる効果・効能があるために様々な病気の予防をする事ができます。

EPAとDHAの違いは、EPAは血液をサラサラにする点ではDHAより優れていますが、EPAは脳に入る事ができない成分になります。

ですので、EPAとDHAを一緒に摂取する事で、脳に流れている血液もよりサラサラにすることができます。

DHAサプリメントのほとんどがこのEPAという成分も含まれています。

上記でも述べましたがEPAの効果・効能はドロドロな血液をサラサラな血液にしてくれる事です。

血液がサラサラになる事で心筋梗塞や血栓症、動脈硬化をしっかり予防する事ができ、また、DHAと一緒に摂取する事で脳梗塞、脳卒中といった病気も予防する事ができます。

他にも血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果もあるので血糖値が高い方や高血圧の方にも味方になってくれる成分になります。

EPAを摂取するうえで気を付けること

EPAを摂取する上で気を付けなければいけない事もあります。

それは、EPAは空気によって酸化してしまう事です。

酸化されてしまうと品質は低下して効果が得られなくなります。

ですので、毎日必要な量のEPAを摂取していても、意味がなくなってしまいます。

EPAを酸化させない回避方法は、EPAと一緒にビタミンCやビタミンEを摂取する事です。

ビタミンCやビタミンEは酸化を防ぐ働きがあります。

現在、販売されているDHAサプリやEPAサプリには、このビタミンも一緒に配合されているサプリが多いですが、DHAサプリやEPAサプリを購入すると時にはビタミンも配合されている事しっかり確認しましょう。

他にもEPAの1日の摂取量にも気を付けなければいけません。

EPAは危険性は低く、信頼性が高い成分と言われていますが、過度な摂取は控えるようにしましょう。

厚生労働省が推奨しているEPAの1日の摂取量は1000mgです。

一度に大量のEPAを摂取しても効果はすぐに現れるものではありません。これはEPAだけに限らず他のサプリでも一緒です。

長期間に渡って継続する事で効果が現れてくるものです。

また、薬と併用しているEPAサプリを飲む時も注意が必要になります。

特にワーファリン(血液凝固阻止剤)という薬を飲んでいる方は注意が必要になります。

ですのでEPAサプリを飲む際には医師に相談するようにしましょう。

こちら DHA・EPA500mg 高配合!おすすめDHAサプリはこちら

トップページへ