血液の病気 記事一覧

狭心症とは
心臓病で最も多いと言われる病気の一つ、狭心症。冠動脈がが狭くなり、血液が通りにくくなることで起こる病気です。狭心症にはどのような症状があるのか見ていきましょう。

狭心症の前兆
狭心症には、動いている時に起こるタイプと、安静にしているときに起きるタイプがあります。狭心症の前兆は、見逃しがちになる事もあるので、注意が必要と言えます。

脳梗塞とは
脳梗塞は、脳の血管が狭くなったり詰まったりすることで起こる病気です。脳梗塞は、様々な後遺症を伴いますし、重度の場合は生命にも関わります。そのため日頃からの予防対策は大切です。

脳梗塞の前兆
脳梗塞は高齢の方だけでなく、若い方でも脳梗塞を起こす可能性があります。多くの場合、脳梗塞には前兆がありますから、症状が現れた場合は、病院を受診しましょう。

自分の血液はドロドロかどうか?
血液は体の中を流れるものであるため、はた目には、血液の状態はわかりません。自分の血液の状態を調べるには、病院などで専用の装置を利用して検査を行うことをオススメします。

血栓症を引き起こす原因とは
血液のなかに血の塊(血栓)が出来てしまうと、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまいます。血栓を作らないためにもドロドロ血液を改善しましょう。

トップページへ