血液ドロドロ 記事一覧

血液ドロドロにならないために
血液がドロドロになると、スムーズに血液が流れず、血管が詰まってしまい、様々な疾患の原因になります。そうならないために、血液をドロドロにしない注意が必要になります。

血液をサラサラにする良い食べ物とは?
血液をサラサラに保つ方法には、水分補給や食生活の改善があります。血液をサラサラにしてくれる成分が豊富な食品を摂ったり、サプリを活用して、血液がドロドロになる事を防ぎましょう。

知らずに血液ドロドロ!?こんな食生活は恐ろしい!
昔と今では、食生活はずいぶんと違います。昔と比べると、血液がドロドロになってしまっている方は少なくありません。血液をドロドロにしてしまう食べ物にどんなものがあるか見ていきます。

心筋梗塞とは
心筋梗塞は、端的に言えば冠動脈が詰まって起こり、最悪は命に係わる心臓の病気です。心筋梗塞にならないためには、どのようなことに気を付けたら良いのか、見ていきましょう。

心筋梗塞の前兆と予防
動脈硬化は自覚症状もないため、早期発見は難しいと言われています。この動脈硬化が進むと、心筋梗塞などに繋がります。そうならないためにはどんなことに注意が必要か見ていきます。

血液の働き
血液がドロドロになってしまう原因に、血球は大きく関係してきます。まずはこの赤血球や白血球などがどういった働きをしているかを知っておきましょう。

血液ドロドロの原因
ドロドロ血液になってしまう原因はいくつかありますが、やはり油っこい食事や糖分の摂り過ぎ、運動不足は血液ドロドロを引き起こしてしまいます。

血液ドロドロを改善する方法
血液をサラサラな状態に戻すには、血液サラサラ成分が配合されたサプリを摂取する、血液の流れを良くする食べ物を食べるといった事を行う必要があります。

出張が多いと血液ドロドロになりやすい?
出張が多いと血液ドロドロになりやすいのでしょうか? 出勤先にもよりますが、ラーメンなどご当地の美味しい物、脂っこい物を食べ過ぎてしまい、結果的に血液ドロドロになってしまった…という方が多いですね。

夏は血がドロドロになりやすい季節?
血液がドロドロになる原因は色々とあります。喫煙、バランスの悪い食生活、ストレス、そして体内の水分不足ですね。夏は汗をかきやすい季節なので、体内の水分が減って血液が濃くなることがあります。

夏の血液ドロドロを防ぐには
夏は血液ドロドロになりやすい季節です。その原因として「汗をかくことで体内の水分が減り、血液濃度が高くなってドロドロになる」と言われていますが、防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

血栓と血液ドロドロの関係
血管の中に出来る血の塊(血栓)は心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい病気の引き金となるものですが、ドロドロ血液は血栓ができるリスクが高まると言われています。

水の飲み過ぎはダメ?「水中毒」の話
体の老廃物を排出するため水を飲むのはいいのですが、水をあまり大量に摂取しすぎると中毒症状を起こしてしまう可能性があることをご存知ですか?

トップページへ